ノー・ウェイ・アウト VR(No Way Out VR)

定番系お化け屋敷探索ホラーゲーム

内容はホラーでは定番の屋敷の探索と謎解きです。探索パートでは松明の火が切れると死ぬので、屋敷内では常に松明を探さないといけません。謎解きはそこまで難しいものではないです。
やられるともれなくジャンプスケアですが、とにかくたくさんあり、来る前に来るのがわかるエセジャンプスケアなのでそのうち慣れます。
特筆すべきすごいホラー演出もあまりないですが、薄暗くて雰囲気のある屋敷を歩き回るだけでも悪くないかもしれません。

超絶美少女のバグスビー夫人

ストーリー

100年前に大虐殺があったバグスビーの邸宅に眠るという宝物を求めてやってきた主人公がヒロインのバグスビー夫人に導かれながら、屋敷に隠された因縁を紐解き、脱出しようとするお話。

操作

デュアルショックコントローラーでの定番操作なのでVR初心者にも楽です。
開始時はスナップターンになっていますが、ゲーム開始後の設定画面で、滑らかなターンへと変更できます。タイトル画面のオプションだと何故か設定がありませんのでご注意です。
滑らかだと振り向く速度が遅いので、結局早く回れるスナップターンの方が楽かもしれません。

適度なステルスと謎解き

チェックポイントとなる部屋から部屋への移動ではモンスターから隠れつつ正しい道順を選択して進むステルス系、たどり着いたチェックポイントではパズルという構成です。パズルのヒントが英語ですが、空気を読めば解ける程度のものがほとんどです。

怖さ

冒頭の薄暗い屋敷の探索では、何が来るわかからないので怖いですが、中盤になるとジャンプスケアにも慣れて、あまり怖くなくなります。そもそも来る前に来るのがわかるということは、厳密にはジャンプスケアとは呼べないジャンプスケアですね。多すぎて後半からプレイヤーはほぼ不感になります。

エンディングまでのプレイ動画

百聞は一見にしかず。雰囲気を味わってもらえるよう動画も用意しました。もちろんネタバレ注意です。クリアまで3分割です。

序盤は本当怖かったです

死ぬ度にジャンプスケアにビビっていましたが、そろそろ感覚が麻痺してきました。
いよいよ衝撃のベタエンディング!

ホラー特化評価

ホラーゲーマーのためのホラーゲーマーによる独断と偏見によるホラー度の評価です。ゲームの面白さとは関係ない評価です。

評価説明

怖さ           B-

ホラー環境     78

ホラー音環境    80

ホラー要素     76

びっくり度     81

ストーリーの怖さ  80

キャラホラー度   85

ホラー演出        76

ゴア度         70

没入感         82

酔いやすさ       35

やりこみ度     30

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です