test

鬼のようなジャンプスケア!【PSVR】 Five Nights At Freddy’s VR: Help Wanted 紹介、実況、トロフィー攻略

MOVEコントローラー

数ある定番ホラーゲームの中でも、このゲームほどVR化に向いているゲームは無いでしょう。

2014年にFNAF1が発売されてから今回のHelp Wantedはシリーズ8作目に当たる作品となるようで、ギネス記録に残るほどのペースでリリースしているゲームですが、コンシューマー用としては記念すべき初の作品です。

内容は旧シリーズのVR再現で、FNAF1,FNAF2, FNAF3、FNAF4, FNAF Sister location から一部のシーンをVRでリメイクしたものです。つまり本編+ミニゲームといった感じです。ただ、雰囲気に統一感があるおかげで、ミニゲームの集合といった感じはあまり受けません。

以前のシリーズはマウス操作でしたが、VR化によりすべての操作はモーションコントローラーを使ってリアルに自分で行う仕様に変わりました。そのおかげで完璧な没入感を得ることとなり、その結果今作がこれまでのFNAFシリーズ中最恐のゲームとなりました。

ちなみに私は以前のシリーズで遊んだことがないので、VRで初見の恐怖を味わう事ができるという大変な幸運に恵まれました。

ジャンプスケア(Jump-scare)

ゲーム開始の注意書きにも記載されているほど、このゲームはジャンプスケア(Jump-scare)に特化したゲームです。(*ジャンプスクエアと似ているので注意)正にホラーが苦手な方には一番ダメージのでかいショック演出です。真面目な話、心臓の悪い方にはおすすめすることはできませんが、これで心臓を鍛えるという考え方もあります。筆者がこのゲームでジャンプスケアを食らった回数は100近いと思うのですが、どんどんどんどん感覚が麻痺していくので、後半にはもう誰でも平気になると思います。鋼の心臓製造機です。

ストーリー

今回の舞台はこれまでのシリーズを再現した仮想空間です。これまで起きた凄惨な事件は一人の狂人に酔って引き起こされた単なる根も葉もない噂で、その悪い噂をVRゲームで遊んでもらって笑い飛ばし、過去のものにしよう。というFazbear Entertainment の信念のもとに制作されたゲームです。
ただ、ゲームデザインに存在しない謎のキャラと謎の「テープ」の存在がこのゲームの真相へとあなたを導くかもしれません。

操作

通常コントローラーでも遊べるらしいですが、MOVEコントローラで遊ぶのがデフォです。 縦横無尽の柔軟な操作で遊ぶゲームなので、 普通のコントローラーで遊ぶと没入感が台無しで勿体無いうえ、操作も不利です。
基本的には手で物を拾ったり、ボタンを押したり、ドアを閉じたりします。移動可能なスポットにはボタン押しで場面移動となりますが、ほぼワープ形式なので酔わないです。

酔いやすさ

ほぼ移動のないゲーム仕様なのでVR酔いの要因が無い(はず)のゲームです。ただ雰囲気の暗さと怖さで体調不良になる「ホラー酔い」を起こす方は出ると思います。

怖さ

FNAFはジャンプスケアが苦手な人には地獄のようなゲームで、びっくり箱的な怖さを持ったゲームだと思います。びっくり箱は、箱の中身がわかった途端、怖さも半減しますが、繰り返し遊んでも面白さが変わらないのがびっくり箱のいいところです。やがて人はびっくり箱の、いつ飛び出してくるかわからないスリルにやみつきになっていくのです。後は不気味で無機的なアニマトロニクスたちが徐々ににじり寄ってくる恐怖も素晴らしいです。

やりこみ性

ステージをクリアする度にアニマトロニクス達のフィギュアがランダムでもらえたり、各ステージにコインやテープが隠されていたりと、完全クリアを目指すにはそういった要素もこなさなければならないので、各ステージ何度か遊ぶことになるでしょう。早くて3~4時間あればトロコンできそうですが、手探りで遊ぶなら十数時間は遊べるのではないでしょうか。ゲーム中結構必死になるので退屈はしません。それと今後のアップデートでも何かが追加されてもおかしくない雰囲気を感じます。

ゲームタイプ

FNAF1

最初のFNAF、プレイヤーは夜間警備員として監視室でアニマトロニクスたちを監視し、自分の場所まで来たら監視室の扉を閉めて身を守ります。しかし、扉を閉めるための電力が限られているので、なるべく電灯もつけずに電力を節約しなければなりません。電力が切れたらアウト、アニマトロニクスに襲われてもアウト。やられたときはもれなくジャンプスケアのお仕置き(ご褒美)がまっています。

FNAF2

続編なので、似たような感じですが、今回は電力が切れることがない代わりに、扉自体がない。アニマトロニクスたちがやってきたらすかさずアニマトロニクスのお面をつけてやり過ごす。あと、常にネジを巻いてチャージしないとマリオーネが出てきてアウトになる謎オルゴールもある。

FNAF3

今回のアニマトロニクスの数は1体、しかし施設は謎の呪いで満ち溢れてて、見ちゃうとブラクラの如くジャンプスケア後に呪われ、カメラ、オーディオ、換気扇扉のどれか(もしくは全部)がオフラインになるので毎回システムリブートボタンをかけないといけない。今回は、カメラから音声を出してアニマトロニクスを誘導して監視室に近づかせないようにする。

Dark Room

様々な特殊ルールのゲームで、ステージ1と2は暗闇の中で動くアニマトロニクスに対し、ライトを付けたときにアニマトロニクスがうまく画面中央にあるXマークの上に入れがクリアです。ステージ3は闇の中でプラッシュベイビーを懐中電灯で照らして追い払う、ステージ4は特殊で、暗闇の中を数秒ごとにフラッシュを焚きアニマトロニクスの位置を確認しつつ出口まで進んでいきます。(説明しにくいので攻略動画を出すかもしれません)

Parts and service

文字通りアニマトロニクスの修繕体験。アナウンスで指示されたとおりに行動すれば良いだけなのですが、そんな簡単にはさせてくれません、そもそも英語なので(略

Vent Repair

施設の機械室修理です。脱出系パズルのような要領でピザ屋施設の補修を図りましょう。もちろん修復中もアニマトロニクスに注意です。

Night Terror

無怖ナイトテラー

アニマトロニクスが部屋に侵入するのを阻止します。 音や光を頼りにアニマトロニクスの侵入を察知し、 左と右とステージによっては中央の扉を往来して、ドアを押さえます。そうするとアニマトロニクスが他のドアの方に行きますので、そこに移動して阻止・・という不毛なやり取りを夜明けまでやらされますが、結構やりごたえがあって楽しいです。
動画もあります。こちらはジャンプスケアを避けた怖くない「無怖」動画です。

Pizza Party

いわゆる最終ステージ、他のステージをすべてクリアすると現れます。これまでのステージが再現されたシーンの中、扉を選択しながら進んでいきます。ゴールするには正しいルートを通らなければなりませんが、周りをよく見るとなにか分かるかもしれません。クリアすると衝撃の・・・

その他のステージの動画も順次アップしていきます。こちらのページに追加していきますのでよろしくおねがいします。

トロフィー

最後にトロコンを目指す方のために、各トロフィー確保のためのコメントを書いていきます。

Celebrate! (プラチナ)
すべてのトロフィーを得る

I scream. You scream… (銀)
ジャンプスケアを食らう

Your Special Day! (金)
Show Time のボタンを押す

Now I will tell you a story (銀)
お菓子を食べる

Showtime! (金)
タイトル画面通りにフィギュアを並べて再現する。バンドの再現なので楽器を持ったフィギュアを使います。

Numismatist (金)
金のコインを全部見つける

Play! (金)
賞品カウンターをすべて埋める

Let’s Eat! (金)
食べられるものを全部食べる

Let’s Party! (銀)
金のコインを見つける

Exotic Butters (金)
ゲームをクリアする

Choking Hazard (金)
フィギュアを食べて喉につまらせる

以下隠しトロフィー

Pop goes the weasel… (銀)
クリア後の賞品にジャンプスケアされる(そのうち出ます)

Stay Put! (金)
FNAF1などで監視室からリアル移動で出ようとするともらえます。

Rock! (銀)
修理ステージでボニーのギターをポロンと弾きます。

Pest Control (金)
修理ステージでチカからゴキブリを25匹素手で取ります。

まとめ

シンプルで奥深いゲーム性、コインやプライズ等の周回要素 、テープ集めにより物語の真相へと徐々に近づいていくスリラー敵緊張感、正に最高のホラーエンターテイメントでした。筆者が珍しくトロコンまで飽きずに遊んだゲームです。ゲーム細部までこだわりが見られ、本編とのストーリー的な絡みもある単なるスピンオフに留まらない一作です。これは正にホラーVRゲーム界のびっくり箱です!

独断評価

遊んでからの独断と偏見による評価です。

これまでにない高評価となりました!

評価説明

怖さ           A-

ホラー環境     92

ホラー音環境    93

ホラー要素     95

びっくり度     95

ストーリーの怖さ  83

キャラホラー度   90

ホラー演出        91

ゴア度         60

没入感         95

酔いやすさ       13

やりこみ度     90

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


アジア
国産VRホラーアドベンチャー期待の「ラストラビリンス」とは?

突然ですが、皆さんPS4「メタルギア(Metal Gear Solid 5)」の「クワイエットさん」 …

Visage
Visage(ヴィサージュ)PSVR/PS4版最新情報

2018年の暮にPC版でのアーリーアクセスも始まり、PS4, XBといったコンソール版、そして何より …

VRゲームレビュー
PSVR「メドゥーサと恋人」VRカップルゲーの先駆け、斬新なローカル2Pシステム

愛のVR 非対称ローカル二人プレイアドベンチャーゲーム 先日日本ストアで発売された。異色のPSVRゲ …