test

国産VRダークファンタジーアドベンチャー期待の「ラストラビリンス」とは?

アジア

突然ですが、皆さんPS4「メタルギア(Metal Gear Solid 5)」の「クワイエットさん」を覚えていますでしょうか?あの「んっん~♫」の鼻歌で有名な露出狂スナイパーです。(ちなみにクワイエットさんは皮膚呼吸で生きているため、露出多めの設定)

当時、私がCGだと思ってたクワイエットさんですが、なんと役者がいます。「ステファニー・ヨーステン」さんと言う名前で、その彼女が今回のメインキャラであるカティアの声優を務めております。メインテーマも歌います。左の写真めっちゃかわいい!

ステファニーさんはルックスやプロポーション的にも、当初ハリウッドスターかと思いましたが、国内の事務所に所属する国内在住のオランダ人モデル、女優、声優、歌手なのですね。日本語も上手のようです。

ミーハーな切り出しになりましたが、何が言いたいのかと言うと、ダークファンタジーは雰囲気が大事なので、そのダークな雰囲気を出すために、役者の役割も重要なのです。通常の国内メーカーなら、ここは何も考えずに萌え萌えプリンプリンなロリヴォイスの人気声優に奇声を上げさせて、大きなお友達に媚びるたりするのですが、真面目で骨太なダークファンタジーを目指しているせいか、そういうフワトロ要素はなく安心して遊べます。もちろん世界観がアニメならば人気声優でも問題ありませんが、今回は現実の女優を起用することによって、世界観に沿った骨太なリアリティーが注入され、没入感の高い良質なVRゲームが完成するのです。
あとはもちろん世界での販売を見据えているので、国籍に縛られない起用をしたのでしょう。ラストラビリンス(以後「ラスラビ」)は、このように声優にも力を入れているので、メーカーさんのゲームに対する強いこだわりを感じます。

ゲームストーリー

目覚めたら見知らぬ館にて全身を車椅子に 拘束された主人公、そこには言葉の通じない謎の少女「カティア」がいる。主人公はカティアと協力し、 館の謎を解き、仕掛けられた数々の罠を突破して、無事脱出できるのか?
言葉を変えると、VRに特化した最高の没入感の中、少女カティアとの言葉ではないジェスチャーでコミュニケーションを図り、頑張って一緒に脱出しよう!というVR脱出アドベンチャーゲームです。映画で言えば「SAW」と「Cube」と「レオン」(ちょっと見た)と「聲の形」(見てない)の要素を持つ、冒険あり、 謎解きあり、 ホラーあり、人情あり、葛藤ありの豪華な作品なのです。

ゲームシステム

ディレクター/プロデューサーはゲーマーならみんな知っているあの「どこでもいっしょ」シリーズの ディレクター/プロデューサー 、高橋宏典さんです。ゲーム市場の新しい可能性を模索してきた方なので、このVR開拓期においても大変活躍されると思います。氏にとっては十数年ぶりのPSプラットフォームでの開発売となるとのことで楽しみです。「カティアといっしょ」とも呼びたくもなりますね。
操作方法に関してはまだまだ謎が多いのですが、予告トレイラーを見た限り、主人公は身動きが取れず、言葉以外の方法でコンタクトをとるという点から、視点で操作をして謎解きをする「星の欠片の物語 (PSVRで発売中) 」に似た印象を持ちました。でもラスラビは 開発期間を多くとってあり、 ホラー要素がある上、ステージやギミックも細部まで作り込まれ、比べ物にならないスケールのゲームとなるでしょう。どうやら各部屋は映画「キューブ」さながらに、危険でユニークな罠がはってあり、その罠を車椅子に縛り付けられた主人公がカティアに指示を出してクリアしていくようです。

音楽

もちろん雰囲気を出すために音楽も重要です!その辺りも抜かりがなく、音楽はなんと聖剣伝説2と3の音楽を担当された菊田裕樹さんです。聖剣伝説シリーズはどれも雰囲気抜群のBGMでしたね。筆者は聖剣伝説2で流れたBGM「妖精族のこども」という曲が生涯忘れないぐらい大好きで、最初「踊るけものたち」というBGMがイベントをクリアして初めてこのBGMとして完成する部分に大変感動したのを覚えています!なので音楽もとても楽しみなのです!!あとカティア役のステファニーさんが歌うテーマ曲も気になります。近日HPで発表とのことです。

怖さ

このゲームはホラーではなく、ダークファンタジーなので、そんなに怖くないです。予告を見ると、カティアが凶悪なローラーの間を通っていくようなシーンがありますが、国産ゲーム ですし、メインキャラが少女なので、そんなにグロシーンはないと思います。例え罠に嵌っても少女が挽肉になる前に画面が暗転するでしょう。なので、なるべく多くの人に遊んでもらえるような配慮から、メチャクチャな恐怖シーンや、エグいジャンプスケアは無いと予想します。そもそもアドベンチャー部分を重視しているので、ホラーが苦手な方ほど安心して遊べます。 子供からお年寄りまで遊べるよう作られている気概を感じる作品です。極端な怖さを求める筆者にとってはやや残念ですがね~。

VR醉い

車椅子に縛り付けらているという設定のおかげで、主人公の移動は最低限に抑えられ、操作も静止状態で行われると予想されます。このようにゲームの仕様の時点でVR酔い対策がされているので、理論上VR酔いの要素は皆無で、酔うことのないゲームになると思われます。

ゲーム情報

何度か延期を重ねた結果、発売日はPSVR, Occulus, Vive共に2019年11月13日となりました。VRゲームの開発で妥協をすると、すぐシステムやキャラ挙動が不安定になって様々なグリッチが発生したり、不自然な動きにストレスを感じたりと、手抜きした部分は目に写りやすいです。そういう意味では、早めに延期の英断をしたあまた社さんの判断は正しいものだと思います。時間をかけて、カティアの動き等に、より自然でストレスのない人間らしさを与えてもらえれば最高です。

まとめ

「ラスラビ」はVR元年(2016年)の頃から情報が出ていたゲームで、PSVRでも2019年8月22日発売予定の「東京クロノス」と同様、日本VR界隈のゲーマーから絶大なサポートを得ているゲームです。我らVRファンの期待値が非常に高いものとなっていることから、メーカーさんもきっと嬉しいプレッシャーを感じているに違いません。なので、完成度を高めるための延期は大歓迎です。また先日発売されたPSVRの大作「ライマンマークス」から、開発時間をかければとんでもなく良いものが出来上がるとVRゲーマーは学びましたので、我々はいつまでも待てます。日本から世界に向けて発信するゲームなので、万全を期して発売いただければいいですね~。

個人的には、他にも遊んでいる仲間がいるんだなと感じさせてくれるためにも、オンラインランキング要素等があれば楽しく周回できるかなと思います。

それでは、2019年11月13日を楽しみに期待です!

公式サイトはこちら

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


MOVEコントローラー
鬼のようなジャンプスケア!【PSVR】 Five Nights At Freddy’s VR: Help Wanted 紹介、実況、トロフィー攻略

数ある定番ホラーゲームの中でも、このゲームほどVR化に向いているゲームは無いでしょう。 2014年に …

Visage
Visage(ヴィサージュ)PSVR/PS4版最新情報

2018年の暮にPC版でのアーリーアクセスも始まり、PS4, XBといったコンソール版、そして何より …

VRゲームレビュー
PSVR「メドゥーサと恋人」VRカップルゲーの先駆け、斬新なローカル2Pシステム

愛のVR 非対称ローカル二人プレイアドベンチャーゲーム 先日日本ストアで発売された。異色のPSVRゲ …